最新設備の紹介

小高歯科医院では最新設備を揃えて、あらゆる治療に取り組んでおります。

オペレーザー PRO(吉田製作所)

オペレーザー PRO

歯科用炭酸ガスレーザーでNO.1のシェアを誇るヨシダのオペレーザー PROは、細かな調整が自在に行えるため、効率的に治療できるシステムが特徴です。
蒸散・切開・止血など多岐にわたる治療に適用可能。ほとんど痛みがないため、麻酔なしで照射することができ、身体に負担の治療を実現できます。

デジタルパノラマレントゲン QR master-P(株式会社テレシステムズ)

デデジタルパノラマレントゲン

次世代デジタルパノラマレントゲン
QR master-P

微弱なX線を電子データに直接変換できる、高感度かつ高分解可能な“CdTe”(カドミウムテルライド)を検出素子に備えた “フォトンカウンティング型センサー”を搭載、 “トモシンセシス技術”の応用により多層断層フォーカス撮影をすることで、 低線量でありながらより鮮明で精密な レントゲン画像の取得を実現します。被爆量が少なく、より鮮明で精密な レントゲン画像をプリントアウトしてすぐにお見せできるので、お待ちいただかずに説明することができます。

口腔外用サクション フリーアーム・フォルテS(株式会社東京技研)

フリーアーム・フォルテS

患者さんの健康を考えた口腔外サンクション

フリーアーム・フォルテSは、優れた集塵効果で、汚染源になっている治療時の粉塵や飛沫を発生源から捕集し、診療室をクリーンで快適な環境に保ちます。また、口腔外に漏れる有害な浮遊粉塵をすばやくキャッチし吸引します。患者様の健康を守ります。

Er:YAGレーザー(株式会社モリタ製作所)

Er:YAGレーザー

唯一、歯を削ることが認可されたレーザーです。
水を併用するので痛みの発生が最も少ないレーザーとして評価されています。生体組織の水分に対する反応が高く、発熱が少ないため、表面が黒く焦げるなど周囲の組織への影響がほとんどなく、安全性の高いレーザー装置といわれています。
治療時は虫歯の部分だけを取り除くことができるため、健全な部分を多く残すことができます(但し、ごく小さな虫歯に限ります)。また、歯だけでなく歯周病など多くの治療に用いられています。

セレック3(CEREC3)

セレック3

セレック3(CEREC3)とは、当院で採用している最新のオールセラミック修復物自動作製システムです。

このシステムにより、天然歯のような白さと透明感を持つセラミック製の歯が、従来のよりも、より安価に、より速く製作することが可能となりました。

セレック3(CEREC3)のメリット

①金属アレルギーの方も安心

金属をいっさい使用しなオールセラミックの歯を製作しますので安心です。また、またプラークなど歯の汚れが付きにくいという特徴があり、炎症を起こしにくくなります。

②詰め物や被せ物が目立たない

天然歯のような白さと透明感を持つセラミック製の歯を製作しますので、目立ちません。また、金属を使用しませんので歯肉の黒化やくすみがありません。

③治療費が安い

セレックは最新のシステムにより、院内で製作するため、技工料や人件費を削減することが可能になりました。よって、患者さんに負担を少なく提供できます。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

小高歯科では、位相差顕微鏡を置いています。

歯周病菌を観察するときには顕微鏡を使います。しかし細菌は無色透明なので、普通の顕微鏡でははっきりと見ることができません。

位相差顕微鏡は、無色透明な細菌のコントラスト(明暗)を強くし、はっきりと見えるよう特殊加工がされています。

この位相差顕微鏡で歯周病菌をチェックします。顕微鏡を使った歯周病の検査をするときに、患者さんのお口の中からほんの少しだけプラーク(歯垢)を採取し、菌の種類や量等を顕微鏡で確認します。

エンドウルトラ(歯科用根管洗浄器)

位相差顕微鏡

小高歯科では、エンドウルトラ(歯科用根管洗浄器)を使用して根管治療を行います。

根管内の受動的超音波洗浄用に開発された小型で使用しやすいコードレス超音波根管洗浄器です。40,000Hzの周波数で、根管内および側枝にまでキャビテーション効果を浸透させることが可能です。